UFPC
自分と愛する家族が生涯安心して暮らせるライフプランを

お金に働いてもらう資産運用&積立て

いつの時代にも通用する優れた投資の考え方&お金の貯め方をアドバイスします!


こんな方はご相談ください!
  • 証券会社で勧められるままに投資信託を購入したけれど、全体のバランスがこれでいいのか分からない。
  • 銀行でいろいろな投資商品を勧められるが、どれを買えば良いのか分からない。
  • まわりの友達は投資を始めたようだ。自分にも投資が必要なのか知りたい。
  • 夢を実現するためには給料だけでは無理だと思う。
  • 豊かな老後を過ごすために投資の恩恵にあずかりたい。
  • 変額終身保険に加入しているが、資産配分をどうしたら良いのか分からない。
  • 会社で確定拠出年金制度(401K)を導入しているが、うまく資産を殖やせていない。
  • 銀行で変額個人年金を購入したが、どう運用したら良いのか教えてほしい。
  • 保険の満期金や退職金など、まとまったお金が入ったので安全で効率的な運用方法をアドバイスしてほしい。
  • 外貨にも興味があるが、なんとなく怖くて手が出せない。
  • 子供の教育資金を貯めたいが、最も効果的な方法が知りたい。
  • へそくりはタンスに入れておいたが、そろそろ真面目に投資をしようと思う。
  • マイホームを購入するために頭金を貯めているが、なかなか思うように貯まらない。
  • なぜ自分の家はお金が貯まらないのか、プロに診断してほしい。
  • 子供に資金援助をしてあげたいが、うまい方法がないか探している。
こんな方はご相談ください!
相談申し込み&ご料金お客様の声

銀行や郵便局なら安心?

 日本人の多くは、なぜ投資より貯蓄を好むのでしょうか。こんな調査結果が出ています。


 内閣府と金融庁が発表した国民意識調査で、「なぜ貯蓄を選ぶのか」を聞いたところ、

1位(52.3%)
お金は銀行や郵便局に預けていれば安心だと思うから
2位(43.3%)
株式や投資信託は収益を期待できる半面、元本が減る可能性もあるから
3位(40.2%)
株式や投資信託のことをよく知らないから
4位(32.2%)
株式や投資信託をどのように購入したらよいか分からないから
5位(28.4%)
証券会社や証券市場に対する不信感が強いから

 もちろん、1位の意見を否定するつもりはありません。何よりもバランスが大切ですから全資産の何割かは銀行や郵便局に預けておく必要があります。でも、ここで忘れてならないのは「バランス」です。2位以下の意見を見ると、株式や投資信託のことを理解した上で、敢えて資産配分の割合を少なくしているとは思えません。明らかに「事実を知らない」から投資を避けているのです。確かに「株式や投資信託並みの収益が上がって、元本の減る可能性が無い」という都合の良い金融商品はありません。しかし、過去の市場からも学べることは沢山あります。


 短期の市場予測はできないかもしれませんが、市場というものは長期で見れば上昇しており、時には下落局面があっても、最終的には回復しています。市場の動きを予測できると錯覚してしまうのは人の常です。そう思いたいのはやまやまですが、後悔するような判断、ひいては思わぬ運用結果を招く事態にもなりかねません。


 プロのFPの力を得て、長期的な資産の成長を目標に計画を策定し、被りうる損失を抑制しつつ、市場環境が良い時にも悪い時にも、予め決めた計画を継続することこそがより良い策なのです。


 日本の人口は減り続けます。高齢社会も世界が注目する未曾有の領域に突入していきます。当然、公的な社会保障制度の負担は増え、給付は低く抑えられることになります。年金は本当に65才からもらえるでしょうか?今約束されている金額が支給されるでしょうか?医療費の3割負担は維持できるでしょうか?高齢者医療制度は大丈夫でしょうか?私たちの親がやってきた「郵便局に預けておけば安心」的な発想では豊かな老後は過ごせません。いきなり銀行や証券会社へ行ってセールスされるよりも、まずは正しい知識を得ることから始めましょう!


 公正中立な立場でアドバイス出来るのが、独立系FP専門会社である当社の強みです。

相談申し込み&ご料金お客様の声